心理学コミュニケーションの応用事例集

マジシャンが教える心理学コミュニケーションを応用事例を紹介します。

業種別・目的別にご紹介します。
下記の事例以外にも、今後事例が増えてきますので、
そのたびにブログにてご紹介してきます。

 

教員・講師

アイスブレイクにてマジック心理学要素を取り入れることにより、生徒は先生の話に夢中になり、楽しく学び始めます。そして、尊敬と信頼構築により素晴らしい生徒を育てることに成功します。

営業・販売

貴方から買いたいと思わせるセールスの仕組み作りが出来ます。押し売りすることなく、提案される側は喜んで商品・サービスを選択して購入します。話が面白いのでお客様はファンとなりリピーターになります。

飲食店員

飲食店の配膳やレジスタッフは新たなミッションを成功することが出来ます。それは、マニュアル化された単純作業ではなくて、お客様とコミュニケーションをする事で客単価を飛躍的に向上することが出来ます。

接客員

接客は、どのような業種でも必須スキルです。おもてなしを差別化してエンターテイメント要素を組みことで楽しい空間演出が出来ます。それにより、また会いたいと思わることで感謝される人になります。

タレント

タレント業は観客の心を動かす仕事ともいえます。マジック心理学を組みことで大衆の前でもメディアにおいても観客の心を掴み、ゴールを設置できたら誘導出来ます。CM広告の仕事にも有効です。

婚活中

一勝に一度のパートナーを探すのは簡単ではないが、心理学を学ぶことで勝負所で応用することが出来ます。相手にYESと言いたくなるようなマジックワードを人生を変える転機になることでしょう!

 

higatoyota
参加された方の実体験情報ありましたらご連絡下さい。
どんどん紹介させてもらいます。ホームページ等ありましたら無料で紹介させてもらいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

E・E Schoolの管理者 比嘉豊太です。 芸名はミスタートヨタで活動しています。 こちらのサイトでは、心理学コミュニケーションを主軸するコンテンツを掲載します。